てんかんの最新の治療薬に大麻の成分が入っている 実験許可を得て実現間近か?

最新ニュース


気になるニュース


最新のニュース


i1

1:2019/12/28(土) 13:18:54.66ID:nZsOsk+P9

地域のてんかん治療の拠点病院に認定されている沖縄赤十字病院の饒波正博脳神経外科部長らは27日、同病院で記者会見し、大麻成分を含む難治てんかんの治療薬を治験で使える見通しが立ったことを明らかにした。大麻取締法は医薬品としての使用や輸入も禁じており、実現すれば大麻成分を医薬品として使う治療の治験は国内で初めてという。

難治てんかんのレノックス・ガストー症候群、ドラベ症候群の患者は、県内に100人前後と見込まれる。薬だけの治療は難しく、会見で日本てんかん協会県支部事務局の林明子さんは「効果に期待している」と喜んだ。

実施には厚労省による計画承認、県の大麻取扱者免許取得などを経る必要があり、赤十字病院は聖マリアンナ医科大学病院と連携して来年度にも手続きを進める考えだ。

大麻成分を含む治療薬については、参院沖縄・北方問題特別委員会で3月、厚生労働省側が秋野公造氏(公明)に対し、一定条件を満たせば治験が「可能」との見解を示した。

2019年12月28日 06:00 沖縄タイムス
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/515944

74:2019/12/28(土) 15:21:21.49ID:4IWkyR9Z0

大麻に薬成分を入れてくれ。酒より安全だろ

20 2019/12/28(土) 22:31:18.31ID:jYSRMZN30

日テレアナにいそうな顔

214:2019/12/29(日) 13:28:12.42ID:CIz0H3Ba0

>>209 何気にすごい事書き込んでるね
大丈夫か?

252:2019/12/30(月) 17:04:04.77ID:Rk00wBT10

その荒しコピペみたいなの貼るから誰も見なくなるんだよ
頭イカれてんじゃない

136:2019/12/28(土) 19:19:05.04ID:HLZBXtuk0

>>114

レス番 >>127 のWHO公式見解は、下記の研究論文に基づいている。

最新の研究データでは、未成年者でも『大麻使用でIQも低下しない』と判明している。
アルコールの使用は、IQ の低下に密接に関連していることが判明した。

大麻使用でIQは低下しない。
http://www.washingtonpost.com/blogs/wonkblog/wp/2014/10/22/no-marijuana-use-doesnt-lower-your-iq/

同研究では、以前のデューク大学の研究より、はるかに多い未成年者のサンプルを利用。
(英国ブリストル地域で 1991〜1992 年に生まれた 2,612名)

研究者は、8歳で、そして、再び15歳で子供たちのIQ得点を調べ、
交絡要因 ― アルコール使用、タバコ使用、母の教育その他 ― が考慮されたとき、
「大麻使用と15歳の低いIQの関係はない」事を発見した。

深刻なマリファナ使用さえ、IQと関係していませんでした。
アルコールの使用は、IQ の低下に密接に関連していることが判明した。

156:2019/12/28(土) 20:53:57.16ID:35R+SxLh0

>>154
その認可されてる薬、既存の医療で全く効果がなかった
難治性てんかんの子供を大麻が救ったんだよ
知ってるだろ?

108:2019/12/28(土) 18:45:04.49ID:ycln6D740

>>107
よくある話
そのうち小保方さんも大勝利くるよ
その時に日本は貧乏くじだけどな

11:2019/12/28(土) 13:27:05.23ID:GtvXVb8m0

>>8
大麻合法化運動はその恩恵はまず弱者から優先的に受けられるようにすべきだという認識から率先して医療大麻の合法化にも取り組むようになったのが実態で、
当然のことながら、その前提には嗜好用は禁止しなければならないほど危険ではないという認識と主張が基礎にある。

禁止論者は盛んに大麻の医療使用の合法化を求める運動の隠された真の目的は、
嗜好用途の合法化であって、病気の人たちに対する同情心を装ってそれを利用しているに過ぎないなどと言いたがるが

このでっち上げの特徴は、反対派の人たちが実際には医療効果のあることを認めているところにある。

禁止論者たちは、いまだに 「カナビスには医療効果などない」 と盛んに主張しているが、もし本当にその通りならば、
それを示す科学的な証拠を上げて医療カナビスに反対すれば済むはずで、わざわざ全面合法化の口実だなどと言う必要性は出てこない。

270:2019/12/30(月) 20:29:24.30ID:bTuxGPly0

>>268
覚醒剤の原料のこと?
麻薬という言葉も
おかしいわな

141:2019/12/28(土) 19:22:51.45ID:HLZBXtuk0

>>114

大規模な調査では、最長41年、1日数オンス(1オンス28g)と言うヘビーユーザーでも、
大麻起因の物理的、精神的健康被害は確認されなかった。

【大麻に関する全米調査委員会:報告書】

The Report of the National Commission on Marihuana and Drug Abuse
http://www.druglibrary.org/schaffer/library/studies/nc/ncmenu.htm

Early findings from studies of chronic ( up to 41 years ) , heavy
( several ounces per day ) cannabis users in Greece and Jamaica also
failed to find such evidence .

ギリシャとジャマイカにおける、最長41年の長期慢性使用者、1日数オンス
(1オンス28g)の重度使用者を調査したが、証拠を見つけることに失敗した。

General Body Function

In the Jamaican study, no significant physical or mental abnormalities
could be attributed to marihuana use, according to an evaluation of
medical history, complete physical examination, chest x-ray,
electrocardiogram, blood cell and chemistry tests, lung, liver or
kidney function tests, selected hormone evaluation, brain waves,
psychiatric evaluation, and psychological testing. There was no
evidence to indicate that the drug as commonly used was responsible
for producing birth defects in offspring of users.

一般的な体機能

ジャマイカの研究において、病歴、完全な身体検査、胸部X線、心電図、
血液細胞化学テスト、肺、肝臓または腎機能テスト、ホルモン評価、脳波、
精神鑑定と精神的テストの評価によれば、重要な肉体的または精神的な
異常は、大麻使用に起因していなかった。

子孫の先天性欠損症の異常を示す証拠は何もなかった。

48:2019/12/28(土) 13:53:51.27ID:UOxw5ODi0

医療費削減対策としていずれヒ素もまじぇまじぇするんだろ?

年寄りや難治患者の終末医療の方向性が見えてきたなー

113:2019/12/28(土) 18:57:25.35ID:HLZBXtuk0

>>109

「治癒」「完治」「寛解」「緩和」の違いくらい勉強しよう。
現代医学に於いて、「緩和」を否定したら医療は成り立たない。

「完治」する事のない疾病は多い。

レノックス・ガストー症候群およびドラベ症候群には、有効な既存の医薬品、
治療法はないし、「完治」することはない。
高額な抗がん剤治療でも「完治」しないケースが圧倒的だ。

医療大麻に疾病の「緩和効果」が有るなら、感情論ではなく、
「大麻取締法 第4条 = 人体への施用禁止」を改正して臨床試験を始めるべき。
その科学的根拠に基づき、公平で開かれた国民的議論をし、解禁の是非を判断するべき。

187:2019/12/28(土) 22:30:53.08ID:HLZBXtuk0

>>181 追記

トップアスリートと大麻の親和性は高い。
トップアスリートの方が大麻使用率が高いと言う統計データが出ている。

大麻は、覚醒剤などの興奮剤や筋肉増強剤のような
運動のパフォーマンスを向上させる効果はない。

しかし、大麻は激しい練習や試合の後の筋肉の疲れ、凝り、緊張、
精神の高揚を鎮め癒してくれるリラックス効果があり、
激しいコンタクトスポーツでの脳震盪、打ち身、痛みなどを
緩和し抗炎症作用がある。

オピオイド鎮痛剤のような強い依存性と副作用もない。

また、アルコールのように、身体に大きな害があり、
運動のパフォーマンスを低下させるような副作用は少ない。

リラックス、不安の軽減、睡眠の質の向上効果があり、
二日酔いの心配もない。

その辺が多くのトップアスリートに大麻が支持される理由だね。

96:2019/12/28(土) 16:20:57.05ID:35R+SxLh0

>>86
半世紀前に行われたTHCの単体分離や
その後のカンナビノイド受容体の発見はノーベル賞ものだと思うが
それをずっと無視してきたことがここの所
すごいスピードで世界的に見直しが進んでる
日本だけ自ら蚊帳の外状態のままにしてそれで病状が良くなる患者を
放置していることは人道的にも非常に問題があると思う
拷問やってるのチベットやウィグルだけじゃないってこと
他の先進国はちゃんと見直しやってるのに

192:2019/12/28(土) 22:42:10.97ID:oetcm7kT0

>>189

効いてる効いてるw
大麻の真実を知られたくないから
言論封殺しているのがミエミエw

258:2019/12/30(月) 18:41:13.13ID:bg/ZR6/b0

>>251
理由はいらない
大麻は悪、だから禁止でいい
どうせ日本人には使いこなせないもの

177:2019/12/28(土) 22:18:26.62ID:HLZBXtuk0

>>154

既存の抗癲癇薬は、小脳萎縮など多岐にわたる強い副作用がある。
大麻抽出CBD製剤は、副作用が極めて少ない。

極めて副作用の大きい既存の処方薬が許可されて、
大麻抽出製剤が禁止される合理的な理由は全くない。

[PDF]抗てんかん薬の副作用
https://www.neurology-jp.org/guidelinem/epgl/sinkei_epgl_2010_08.pdf

アレルギー性皮膚反応(発疹)、白血球減少症、低ナトリウム血症、振戦、
心毒性、性機能障害、体重増加、脱毛、膵炎、肝障害、卵巣機能障害、
脳症、足浮腫、小脳性運動障害、小脳萎縮、眩暈、認知障害、めまい、など

31:2019/12/28(土) 13:40:48.00ID:5rpNf9O50

>>23
ああw

タイポがあったのかw
どうでも良い事だわなw

119:2019/12/28(土) 19:04:20.87ID:HLZBXtuk0

>>109

FDA、EUに正式な医薬品認可された「大麻抽出製剤 = エピディオレックス」の
臨床試験データを貼っておく。

・「大麻抽出製剤 = エピディオレックス」 臨床試験データ

【図表】『CBD』の3つの無作為化プラセボ対照試験における発作頻度の減少率。

いずれも既存の医薬品に効果がなかった癲癇患者で臨床試験を行った。

・臨床試験1 : ドラベ症候群
CBD/20mg/kg = 39% : プラセボ = 13%

・臨床試験2 : レノックス・ガストー症候群
CBD/20mg/kg = 44% : プラセボ = 22%

・臨床試験3 : レノックス・ ガストー症候群
CBD/20mg/kg = 42% : プラセボ = 17%
CBD/10mg/kg = 38% : プラセボ = 17%

いずれもCBD投与群はプラセボより有意な治療効果を示した。

200:2019/12/29(日) 01:22:26.41ID:n9gmEmIA0

>>199
するかよアホが

151:2019/12/28(土) 20:45:06.87ID:l2sM8vw/0

コカやケシの成分が入ってる医薬品は普通にあるだろ

201:2019/12/29(日) 01:49:29.65ID:rzKCmqKj0

自律神経にもつかってくれ

277:2019/12/30(月) 21:55:33.24ID:KccMCOdh0

>>278
で、あれば大した有害性は無いのが明白だな

148:2019/12/28(土) 20:22:14.69ID:HLZBXtuk0

>>146 追加情報

大麻の作用機序は明らかになっている。
以下に《エンド・カンナビノイド・システム》と大麻の作用機序を説明しておく。

『大麻の作用機序』を簡単に説明すると以下のようになる。

体内には、地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能=ECS
(エンド・カンナビノイド・システム)がある。

ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、
認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えている。

ECSは、1990年代に発見された“アナンダミド”と“2-AG”と呼ばれる内因性
カンナビノイドとそれらと結合する神経細胞上に多いカンナビノイド受容体“CB1”、
免疫細胞上に多いカンナビノイド受容体“CB2”などで構成され、全身に分布している。

故に、大麻のカンナビノイドが、外来的に『エンド・カンナビノイド・システム』を刺激する事で、
食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などに作用する。

最近の研究では、ECSは、外部からの強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって、
ECSの働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になると、様々疾患になることが
明らかになってきた。

参考資料『大麻およびカンナビノイドの作用機序』
http://cannabis.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=19136

105:2019/12/28(土) 18:20:51.89ID:pnyB5Z800

稚拙なデタラメが得意な厚労省などは医療大麻など無いと言うが

現行の大麻取締法には間違いなく医療大麻に関する罰則規定が存在する
[大麻取締法第六章罰則 第二十四条の三]
存在しない物に対してなぜわざわざ法律に記述があり罰則が規定されていると言うのか?

馬鹿も休み休み言えといったところである

262:2019/12/30(月) 19:50:38.26ID:TXAX++qa0

ID:KccMCOdh0みたいなのが張り切っても逆効果だよね
やっぱり大麻推進してる人は頭がおかC

79:2019/12/28(土) 15:39:37.42ID:HLZBXtuk0

>>58

大麻の《成熟した茎および種子》以外から抽出された医薬品を施用するのは違法。
従って、>>1 の花穂より抽出したCBD製品を使用して治験するのは違法。

【大麻取締法】(昭和二十三年七月十日法律第百二十四号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO124.html

第四条  何人も次に掲げる行為をしてはならない。

二  大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること。
三  大麻から製造された医薬品の施用を受けること。

しかし厚労省は、「研究者である医師が厚労大臣の許可をうけて輸入した薬を、
治験の対象とされる薬物として国内の患者に用いることは可能である」との
法律を拡大解釈した言い訳を考えて超法規的に治験を許可した。

本来、法治国家であれば当然のこと大麻取締法を改正せねばならない。

98:2019/12/28(土) 16:47:34.87ID:yl67Z+bc0

合法化するって決まったらみんなあっそうって感じで拍子抜けするパターンじゃないか
今はネットで情報入るから

225:2019/12/29(日) 20:02:27.27ID:+AFVC25u0

>>218

WHOは、医療用大麻の存在を公式に認めている。
『医療用大麻なんて存在しない』と言う言葉遊び、詭弁は通用しない。

WHO:薬物依存専門家委員会(ECDD) 2018年 6月4-7日
http://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/ecdd_40_meeting/en/

【事前報告書】大麻植物と大麻樹脂

医療用大麻(Medical cannabis)は、数カ国で生産されている。

たとえば、オーロラ大麻社は、大麻製品を海外に輸出するカナダの26事業者に
許可された生産者のうちの1つである。

オランダの医療用大麻生産は大きく成長していて、オランダ保健省と契約した
Bedrocan B.V.によって市場に出されて、処方薬としてオランダの薬局で
ハーブの花穂として利用可能となっている。

Bedrocan B.V.は、制御療法の為に、標準化された3つのカンナビノイド、すなわち、
(Δ9-THC)、(CBD)(CBN)を含む、6種の大麻を栽培している。

オランダ保健省は、カナダ、チェコ共和国、フィンランド、ドイツ、イタリア、また、
世界中の許可された研究者に医学的使用のための大麻を輸出している。

イタリアのStabilimento Chimico Farmaceutico MilitareはFM2種を開発した。
そして、医薬品として国内に流通させている。

『Medical cannabis』とは、『医療大麻・医療用大麻』。
https://ejje.weblio.jp/content/Medical+cannabis

56:2019/12/28(土) 14:10:20.03ID:E0X7oEk10

>>54

(‘人’)

このまんまだと外国人様の移民が小丸からだよ>>1(笑)

210:2019/12/29(日) 08:35:12.66ID:6kGTh/Lp0

食品大麻はもう貿易でも出てくるぞ
関連法案見てみればわかるがオイルの個人輸入とかメーカー規模になる
クッキー菓子なども2000円もしなくなるだろう。
これまでのCBDチョコみたいに普通のお菓子(200円)のように(量産)買える

223:2019/12/29(日) 19:57:44.97ID:+AFVC25u0

>>218

医療大麻とは、医療、医学目的に栽培され、そのまま又は抽出製剤として栽培、
施用されている大麻を指す。

厚労省が言うように、『医療用大麻と娯楽用大麻は同じもの』ではない。
例えば、てんかん治療に使われているシャーロット・ウェブは、
酩酊成分THCが0.3%と低く娯楽用としては使えない。

FDA(米国食品医薬品局)が新たに認可した「大麻抽出製剤 = エピディオレックス」は、
医療大麻だが酩酊成分THCは微量しか含めれておらず精神活性作用はない。

既に、シャーロット・ウェブ、イギリス政府公認のGW製薬、イタリア軍施設内、
アリゾナ州の政府圃場など、医療、医学目的に品種改良された医療用大麻が
各国政府公認の下で栽培されています。

実際に存在しているものを「存在しません」と大嘘をついて国民を騙す事は許されない。
医療用に特化した大麻は明らかに存在する。厚労省の嘘に騙されてはいけない。

【GW Pharmaceuticals】英国政府許可の元に医療用に栽培されているGW製薬大麻圃場内観

https://charts.stocktwits.com/production/stream_67456713.?1479490672

242:2019/12/30(月) 12:12:15.09ID:W99RoWBH0

>>233

『大麻の依存性はカフェイン程度、致死性はカフェイン以下』

図表【薬物・嗜好品の致死量 & 依存性】

図:横軸

薬物は、効果を発揮する用量(薬効量)と死亡する用量(致死量)の
差が大きいほど安全性が高い。

致死量:

薬効量の比率は、ヘロインが6、アルコールが10、コカインやモルヒネは15、
ニコチンが50、カフェインが100、大麻(マリファナ)は1000以上と考えられている。

大麻を過剰に使っても死ぬことはない。大麻の致死量は無いに等しいと言われている。

図:縦軸

依存性はカフェイン程度

ソース:Gable, R. S. (2006). Acute toxicity of drugs versus regulatory status.P149-162 図表:P155

122:2019/12/28(土) 19:05:54.37ID:M0VNhoNp0

>>120
何らかの薬効があるから薬なんじゃないの?
てんかんの仕組みって知ってますか?

175:2019/12/28(土) 22:10:19.41ID:WaMtP9+b0

CBD Isn’t the Only Cannabinoid Fighting Epilepsy, Study Finds

CBDだけがてんかんに有効なカンナビノイドではない事を研究は見出した。

CBD Isn’t the Only Cannabinoid Fighting Epilepsy, Study Finds
A study from the University of Sydney suggests that small quantities of THC and THCA—small enough not produce any psychoactive effects—may also be an important ...

(子供に対しても)少量のTHCまたはTHCAが、純粋なCBDだけよりもより有効に働く。

188:2019/12/28(土) 22:32:24.20ID:HLZBXtuk0

>>187 つづき

なぜ、大麻が全身に対する抗炎症効果があったり、治療、緩和効果があるかと言うと、
カンナビノイド受容体は、脳はもちろんの事、筋肉や臓器にくまなく分布しているから。

大麻を使用すると、全身にくまなく作用して、激しい運動や疲れで凝り固まった筋肉に、
じんわりと効き、炎症を抑えて凝りを癒してくれるのが良く分かる。

大麻を使用すると、どの筋肉が疲れているか、凝っているかが分かる。
そして自然に凝った部分をストレッチしたり、マッサージしている。

正に植物による全身マッサージ効果、究極のリラックス、温泉癒し効果だね。

created by げいくち

一般ニュース

最新のニュース


最新のニュース




げいくち

コメント

タイトルとURLをコピーしました